iPhoneのフロントパネルひび割れの修理

iPhoneのフロントガラスが割れた場合は?

iPhoneで最も修理が多いのはフロントパネルです。こちらの記事でも書きました。ふとした瞬間に落としたり、ポケットに入れていたのに何かとぶつかってフロントパネルが割れている。よくあることです。

 

iPhoneのフロントパネルを修理するには3つの方法があります。自分の好きな方法で修理をしても構わないですがリスクがあるのも事実。ここではiPhoneのフロントパネルを修理する3つの方法をご紹介します。

 

Appleストアで修理依頼

まずiPhoneが壊れたら真っ先に浮かぶのはApple Storeでの修理ではないでしょうか。最寄りにある場合は持ち込みをして代替え機などと交換してもらい修理に出します。およそ1週間程度が修理期間の目安となります。キャリアやApple Storeの修理保証などに加入していると少し安く修理を受けることができますが入っていない場合は高額な費用がかかってきます。フロントパネルの修理は破損状態にもよりますが2万円〜3万円程度になることが多いようです。

 

自分でiPhoneを修理

これは手先が器用でメカにも詳しい人なら可能です。ネット通販ではiPhoneのフロントガラスを修理するキットが販売されています。iPhoneはかなりパーツが小さく精密機械となるので失敗をするとデータ消失するといったリスクがあります。私もフロントパネルがヒビ割れた時は自分で修理を考えましたが手先が不器用のため断念しました。修理費用としては最も安く1万円前後でキットを購入できます。

 

iPhone修理専門店で修理

こちらはApple Storeとは別にチェーン店や個人店でiPhoneの様々な修理を行っている店舗があります。メカに長けた人が修理をしてくれるので自分で行うよりは安心。店舗によっては修理保証などをつけてくれるお店もあります。費用としてはAppleストアよりも安く半額以下の修理費用で直せる場合もあります。私はキャリアやAppleの保証に入っていなかったためiPhone修理専門店でフロントガラスを直しました。

 

メリットの方が多いですがデメリットとしては正規店での修理にはならないので今後Appleの修理サポートなどを受けられない可能性が出てくること。

iPhoneのフロントパネル修理は必要!?

ここまでiPhoneのフロントパネル修理に関することを書いてきました。さて、街中をみるとiPhoneのフロントガラスが割れたまま利用している人は実に多いです。それを見ていると修理しなくても良いのではないか?といった疑問が浮かんできます。

 

実際に私も最初はそのまま利用していました。しかし、割れ目が入っていると文字がみにくかったり、タッチ、スワイプをした時に指先が割れ目に引っかかりを見せてしまいます。割れ目からガラスの刺が出ている場合は指先を傷つけたり、指にガラスが刺さった状態で目をかいてしまうと眼球を傷つける恐れもあり危険です。

 

やはりフロントパネルが割れた場合は早急に修理をする方が良いと私は感じています。ガラスが直るとまた新品のiPhoneのように綺麗なディスプレイでネット閲覧ができますし、アプリゲームも捗ります。