iPhone 修理

iPhoneの画面割れ・バッテリー・ボタンの修理…調べたら高い!!!

iPhoneを落としたり、水没させたりした場合ってかなり焦ります。落としたiPhoneを拾うと画面が割れていたりボタンが効かなくなっていたりショックですよね。

 

私も2回iPhone6を落としています。その時の写真がコレ↓

 

画面が割れたiPhone

 

画面は見にくいわ。割れたガラスの破片が指に刺さるわで最悪でした。しかもiPhone4/iPhone5は何回落としても画面が割れたりしなかったのでiPhone6に限ってはキャリアの保証サービスに加入していませんでした。

 

実際Appleストアなどの修理料金を調べると「バカ高い…」

 

「フロントガラスの交換なんて1万もしないだろうぉ…」なんて軽い気持ちでいたら3万円以上も修理費用がかかる。しかもAppleに預けて1週間位はスマホ触れないと…(実際は代替機があるみたいですが)

 

でも自分のiPhoneじゃないとつまらないですよね。とにかくiPhoneフロントガラス修理が即日でできて安い修理屋さんを探すことにしました。

 

ピックアップしたiPhone修理専門サービス

iPhone修理専門店を探すと下記の3つが有名のようでした。修理費用はどれもApple Storeの半額以下で修理が可能。

 

あいさぽ

iPhone修理【あいさぽ】

  • ガラス割れ修理の料金が安い
  • 即日修理も可能
  • 店舗数が多い

店舗数も多く私の住んでいる地域にもあったのが「あいさぽ」でした。Web予約もできて即日対応が可能。修理費用もAppleストアに比べると全然安いので即効で行きましたね♪

 

ダイワンテレコム

iPhone修理【ダイワンテレコム】

  • ガラス割れ修理が安い
  • 即日対応も可能
  • 店舗数は少ない

ダイワンテレコムも候補に上がったのですが「あいさぽ」よりも店舗数が少ないです。住んでいる地域になかったのでこちらは断念。料金的には「あいさぽ」と大差ありません。

 

自分で修理.com

iPhone修理【自分で修理.com】

  • 安さだけなら一番
  • 自分で修理しないといけない
  • キットが届くまで最低2日かかる

手先が器用でとにかく安さにこだわりたい方はiPhone修理キットを取り寄せて自分で行うのが良いかと。こちらも考えましたがiPhone6のフロントガラスはまだないようです。

即日対応でiPhone6のフロントガラス割れが直った!

私は「あいさぽ」でフロントガラスの修理をしてもらいました。

 

修理時間は約1時間。
その間はブラブラしても良いですし、私の行った店舗には漫画もたくさん置いてありました。

 

直ったiPhoneを受け取った時は感動を覚えましたね。綺麗な画面になっていてタッチパネルの動作なども不具合なく直してくれました。かなり大満足です。

 

割れた画面が直ったiPhone
修理が終わった後はすぐにiPhoneケースを買いに走りました。流行りのBOOK型ケースにしたので1回くらい落としても大丈夫かな!?

 

心配していたデータ消失などもありません。画面が綺麗になるだけで全然違ったiPhoneのようになりますよ♪

キャリアやAppleの保証サービスに加入していないなら修理専門店が一番安上がり

Appleの保証サービスやdocomo、au、SoftBankのiPhone保証サービスに加入していない場合は全額事故負担で修理費用を払う必要があります。

 

Appleストアの修理費用をみてもらうとわかりますが想像以上に料金って高いです。

 

しかも修理期間も1週間前後かかります。Appleストアが最寄りにない場合は郵送しなきゃいけない。また代替機の手続きもキャリアにいってやらないといけない。

 

かなり面倒なんですよね。確かに一番信頼性はありますが値段の高さと手間は最上級です。

 

それならiPhone修理専門店で対応してもらった方が早くて料金も安いです。デメリットとしてはApple提携店ではないので今後Appleで修理サポートが受けられなくなる可能性があるということだけ。

 

自分で修理する方法もありますが専門的な知識がないこと。手先が不器用なので修理失敗する可能性もあります。安いけどリスクが高いんですよね。

 

だからコスパ的にみても修理専門サービスに出すのが一番安いって結果に私の中でなりました。

今がキャリア換え時!?通信費用を節約する方法

最後の番外編としてスマホにかかる通信費を安くする方法をご紹介したいと思います。メディアでも盛んに発表されているのでご存知の方も多いかもしれませんが、携帯の契約先といえばドコモ、ソフトバンク、auが主流でした。しかし、端末のSIMフリー義務化に伴いMVNOと呼ばれる携帯3大キャリアから余った回線を借りて低料金で回線契約ができる通信サービスが怒涛の勢いで普及してきています。

 

これを格安SIM・スマホとかって呼ばれますね。

 

携帯3大キャリアと比べるとわかりますが、データ通信に関しては月とスッポンほどに安いです。

 

例えばiPhoneで通話を使わない。データ通信だけ人並みに使う。といった方は毎月のスマホ料金を半額程度に抑えることができます。

 

より詳しい情報はスマホ節約術の方でも解説されているので見てください。

 

iPhoneは多少他の端末と勝手が違いますが、格安SIMを利用して使うことができます。今まで携帯キャリアに1万円前後/月の支払いをしている方って多いと思いますが3000円〜5000円程度に抑えることだって可能です。

 

私は古いiPhoneがあったので試しにDMM mobileの1GBデータSIMを契約して使っていますが回線速度等はまったく問題ないです。今後はメインiPhoneも支払いが終了すれば格安SIMに移行して料金節約に励みたいと思っています。

更新履歴